• ホーム
  • スーパーPフォースの正しい飲み方を知ろう!気になる副作用は?

スーパーPフォースの正しい飲み方を知ろう!気になる副作用は?

2020年05月14日
落ち込んでいる男性

スーパーPフォースは国内でも知名度が高く、有効成分や製法は人気のあるED治療薬と同じですが、ジェネリック医薬品としてお得な価格で流通しています。スーパーPフォースの飲み方としては、1日1回1錠をぬるま湯か水で服用することが大切です。食後に満腹の状態で服用すると、薬の効果が薄れる可能性があるので、空腹時に服用することが推奨されています。服用のタイミングは、性行為の30分から1時間ほど前が最適だと言われています。上限は1日1回1錠で、1度服用すると24時間は間隔をあける必要があります。

また副作用もあるので、飲み方には注意が必要です。顔が火照ったり、血管拡張作用により動悸や頭痛や血圧低下が見られたりといった症状がでることがあります。ほかには、目の眩み、興奮、下痢や鼻水、不眠、視覚障害などの症状が現れることもあります。服用した時は、機械などの操作や車の運転は避けるようにします。重篤な副作用が発現する時は、前兆として気分が悪くなります。空腹時に服用する必要がありますが、何も食べていない状態なので、胃痛や吐き気などを伴うことがありますから、注意が必要です。また、持病などで他の薬を服用している場合は、併用禁忌の可能性があるので、医師に相談してから服用してください。

スーパーPフォースは、1錠の中にシルデナフィルとダポキセチンが配合されています。シルデナフィルがED、ダポキセチンが早漏に効果を発揮し、EDと早漏を同時に治療できるというのがこの薬の大きな特徴です。シルデナフィルは、動脈血管を拡張しながら血流促進する効果があります。刺激に反応して効果が出るので、刺激が少なくなると次第に元に戻り、日常生活に支障をきたしません。一方で、早漏はセロトニンが不足することによって起こると言われています。脳内でセロトニンが不足するとアドレナリンが過剰に分泌され、過度な緊張や興奮状態を引き起こし、それが早漏につながります。ダポキセチンはセロトニンの再取り込みを阻害し、脳内のセロトニンの濃度を上げ、脳の過剰な興奮が抑制されることで射精までの時間が延長させる効果があります。

このような効果が期待できるスーパーPフォースですが、国内ではまだ承認されていないため、病院での処方はされていません。国内で未承認の薬を入手するには、海外から買い付けるか個人輸入をする必要があります。個人輸入代行サービスを利用すれば、面倒な手続きなどを代行してもらえるので、比較的簡単に購入することができるでしょう。便利なサービスですが、個人輸入の医薬品には偽造品が混入されているケースも報告されていますので、購入の際には慎重に吟味することも重要です。また、服用して何らかの不調が起きた場合も全て自己責任となりますので、注意が必要です。